トリキュラーを21日間服用と血栓症を防ぐためには

トリキュラーを21日間飲み続けるためには、錠剤の色などに注意をして飲み忘れがないかを確認しながら服用する必要があるのですが、トリキュラー28を処方してもらうと21日分の薬と偽薬が7錠入っているので、毎日飲み続けることができるので、服用の日数などの計算をする必要がなくなります。トリキュラーは生理の初日から飲み始めて21日間服用を続けなければならない薬なので、飲み忘れた場合は、24時間以内ならばすぐに服用をする必要があります。モノカルボン酸は不飽和脂肪酸とも呼ばれていて、血液の流れを良くする健康効果があるのですが、トリキュラーなどを服用している場合には血栓ができやすくなっているので、モノカルボン酸を含んでいる食事を摂取することで血栓症のリスクを下げることができます。またモノカルボン酸の摂取をして、さらに水分の摂取量を増やすことで相乗的にリスクを下げることができるので、副作用を起こさないために水分摂取などに気を付けておくと必要以上にリスクを気にすることがなくなります。トリキュラーは低用量ピルなので血栓ができる確率も低いとされているのですが、夏の暑い時期には脱水症状が起こりやすいので、積極的に水分を摂取する必要があります。また納豆やサバなどを食事の時に食べておくと血栓症などが起こりにくくなるので、食生活を見直して健康的な毎日を送ることが副作用を起こさないためには大切です。また喫煙をする女性は基本的にはトリキュラーとの相性が悪いので、婦人科などで処方を受けられない場合があります。喫煙をすると血管を収縮させるとの血栓ができやすくなるだけではなく、詰まりやすくなるので、血栓症のリスクを格段に上昇させてしまいます。

ページトップへ