AIDのトリキュラーで頭痛が起きた場合の対処

アイスピード通販のAIDを利用してトリキュラーを入手した場合にはマニュアルなどをしっかりと読んでから服用することが重要で、一般的に低用量ピルと呼ばれているトリキュラーは避妊薬として利用されることが多いのですが、生理が始まってから21日間飲み続けなければならないので、飲み忘れなどの不安がある場合にはトリキュラー28を購入する必要があります。副作用として考えられているのが胃部不快感や吐き気などですが、これらの症状は服用を続けているとなくなるとされているのであまり心配は要りません。しかし喫煙をしている女性や40歳以上の女性に関しては血栓症のリスクが高まることが知られているので、当てはまる女性は医師に相談をする必要があります。また服用をしている時に頭痛がする場合にはトリキュラーとの相性が悪い可能性があるので、他の低用量ピルに変更をする必要があります。基本的には低用量ピルは同じ効果があるのですが、成分が異なっているので、相性が悪い場合には副作用が出る場合があります。頭痛が頻繁に起きる場合には貧血が起きている可能性があるので、定期的に血液検査をして、血栓ができやすい状態になっていないことを確認することが重要です。また血行が悪くなることで頭痛が起きている場合には貧血を解消すると症状が改善するので、鉄剤などの処方を受けて対処をすると痛みを取り除くことができます。トリキュラーは比較的安全な薬として多くの女性に処方されているのですが、最近ではネット通販でも格安で入手できるようになっています。緊急避妊などに使用する場合には医師に相談しにくいのでネットで購入することが多くなるのですが、服用方法が特殊なので、医師に相談をして適切に服用する方が安全です。

ページトップへ